MENU

私たちは、長和町の長門牧場から美ケ原高原までの町境38㎞のトレッキングコース「霧ケ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」を管理・運営しています。この事業を通じて豊かな自然環境の保全に努め、ハイカーの健康と健全な心を育む環境の提供を理念に、保守・管理に努め安全なトレイルルートの維持をSDGs精神で遂行します。詳しくはコチラ!!

日本ロングトレイル協会加盟 全国のロングトレイル紹介

日本ロングトレイル協会 アフターコロナの歩き方

第8回ロングトレイルシンポジウム(ダイジェスト版)

INFORMATION BOARD

クラブカップ7人リレー2022@ブランシュたかやまのご案内

SDGs推進企業に登録されました!《緑の募金》を通じてSDGsへ貢献しました

ゆっくり歩く旅 ~歩く博物館ツアー~

すべてを見る

霧ヶ峰・美ヶ原 中央分水嶺トレイルへようこそ

長野県の中信高原、霧ヶ峰・美ヶ原高原に連なる日本列島の中央分水嶺を踏破できるトレイルコースです。信州・長和町の長門牧場から白樺湖、霧ヶ峰、和田峠を経て美ヶ原高原にいたる全長38kmが公式ルートになります。浅間山、蓼科山、八ヶ岳連峰や富士山を望み、甲斐駒、北岳などの南アルプス、木曽駒などの中央アルプスや御嶽山、乗鞍、穂高、槍ヶ岳が連なる北アルプスと日本が誇る秀峰が味わえる、眺望の良い稜線を歩くことが出来ます。

霧ヶ峰高原に代表される豊かな自然が四季折々の表情を見せ、長門牧場、美ヶ原牧場などの牧歌的な風景、野鳥や多様な動植物との出会いも楽します。また、1400m~2000mと高低差が少なく、アクセスを配慮した5地域のルートにコース設定をしているため、子どもから大人、お年寄りまで多くの方が気楽に踏破することが出来ます。

 

中央分水嶺とは

中央分水嶺とは、日本列島の太平洋側と日本海側とを分かつ「分水界」です。分水界、分水線など、異なる水系の境界線を指す地理用語で、山岳においては稜線と分水界が一致していることが多く、「分水嶺」とも呼ばれています。日本列島では、日本海側と太平洋側に分かれる分水界(嶺)の連続線を「中央分水嶺」と呼んでいます。


Event & Tour Guide企画・運営 エコミュージアム ながわ(最新情報:利用内容改定)

エコミュージアムながわ は、豊かな自然、歴史ロマンの郷 信州・長和町の自然環境の保全・保護を理念に「霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル」を創設し“歩く旅の文化”創造に向け、トレイル踏破、歴史文化を歩く、をご提案しています。

Guest House Home Village霧ヶ峰山麓 カラマツの森高原 姫木平・鷹山

霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイルのGATEWAY(玄関口) 姫木平・鷹山 Village では、「トレイル知ったかぶりオーナー」がゲストハウスを運営しています。トレイルゲストハウスセンターでは、姫木平・鷹山 Village のゲストハウス、野外活動、歴史散策、グルメ探訪、ナビゲーションゲームの宿泊施設をご案内しています。









もっと、中央分水嶺トレイルを楽しむために!