タイトル
タイトル

よくあるご質問

Q.どこから歩きはじめればよいですか?

A.霧ヶ峰・美ヶ原 中央分水嶺トレイルは、5つのルートにわかれており四季折々の表情をみせてくれます。
※詳しくはコースガイドやトレイルマップ(準備中)をご参照ください。
5つのルートどこからでも始めれますので、あなたに合った無理のない計画を立てて歩きましょう。

Q.歩き始めと終わりが違いますが、どのようにスタート地点に戻ればよいでしょうか?

A.仲間同士で歩く場合は、予めゴール地点にもう一台車を置いておき、到着後スタート地点へ戻るという方法があります。宿泊を伴う場合、最寄りのトレイル基点までの送迎をしてくれる宿もあります。

Q.踏破するにはどれくらいの日数がかかりますか?

A.全行程を歩くには一般の方でも2〜3日かかります。急がずにゆっくり、のんびりと歩くことおススメします。トレイル上にはキャンプサイトを設けておりません。お近くのキャンプサイトはこちらから。地元の宿泊施設を利用して、ゆっくり歩きましょう。

Q.あまり体力に自信がないのですが、歩くことはできますか?

A.普段運動をしている方であればほとんどのコースを歩くことができます。ただし、標高差が百メートル以上のアップダウンがあるコースや急坂もありますので、歩行距離・時間には十分余裕を持った計画を立てて下さい。特に初めてトレイルを歩く方は、ガイド派遣や各種トレッキングツアーへの参加をおすすめします。

Q.トレッキング中のトイレはどのようにすればよいですか?

A.トイレは必ず済ませてからトレッキングをスタートしてください。極力施設を利用してください。どうしても我慢できない場合は、水場周辺を避け、トイレットペーパー等、ゴミは必ず持ち帰るようお願いします。また、携帯トイレを持参することを推奨しています。現時点では回収BOXは設置していません。

Q.中央分水嶺とは何ですか?

A.中央分水嶺とは、日本の太平洋側と日本海側とを分かつ分水界です。分水界、分水線など、異なる水系の境界線を指す地理用語で、山岳においては稜線と分水界が一致していることが多く、分水嶺とも呼ばれています。日本列島では日本海側と太平洋側に分かれる分水界(嶺)の連続線を「中央分水嶺」と呼んでいます。

Q.いつ頃からこの中央分水嶺トレイルは始まったのですか?

A.2008年に企画され、翌年に本格的な環境・ルート整備を行い、2010年に体感ツアーを開催。2011年度より本格稼働しました。今後も皆様のご協力・ご支援とご鞭撻により、より良いコース整備や企画を発信していきたいと思います。

Q.トレイルは歩きやすいと聞いていますが、どのような装備で行けばよいですか?

A.トレイルは基本的に整備されていますが、登山同様の心構えと最低限の装備が必要です。装備については、こちらを参照下さい。